共同生活はつらい?

合宿免許で共同生活メリットが多い合宿免許ですが、中にはデメリットもあります。個人差もありますが、共同生活が苦手という人には合宿免許はつらくなってしまう可能性があるのです。といっても、合宿免許のプランにもよります。合宿とはいえ、最近ではホテルで個室に宿泊できるような合宿免許プランも増加中です。学生の頃の部活合宿や修学旅行のようなノリの合宿免許ばかりではありませんから、安心してください。ただし、料金を割安にしようと思えば、やはり同じ時期に参加する人と相部屋で合宿するのがおすすめ。初めて出会った人と一時的にでも共同生活をするとなれば、コミュニケーションがとれないことにはつらい日々となるでしょう。そのような覚悟は、あらかじめしておくことが大切です。
デメリットと思っていたことをメリットに変えてしまうことも、可能です。初めての共同生活に不安があっても、合宿が終わる頃には仲間との別れがつらくなる人のほうが多数といえます。そのような人達が、必ずしもコミュニケーションに長けた人とは限りません。むしろ、最初は共同生活に抵抗があったにもかかわらず、徐々に仲間がいることが欠かせなくなっている人のほうが多いのです。合宿免許という共通の目標があるからこそ、絆も生まれやすいのでしょう。

Pocket