共同生活はつらい?

合宿免許で共同生活メリットが多い合宿免許ですが、中にはデメリットもあります。個人差もありますが、共同生活が苦手という人には合宿免許はつらくなってしまう可能性があるのです。といっても、合宿免許のプランにもよります。合宿とはいえ、最近ではホテルで個室に宿泊できるような合宿免許プランも増加中です。学生の頃の部活合宿や修学旅行のようなノリの合宿免許ばかりではありませんから、安心してください。ただし、料金を割安にしようと思えば、やはり同じ時期に参加する人と相部屋で合宿するのがおすすめ。初めて出会った人と一時的にでも共同生活をするとなれば、コミュニケーションがとれないことにはつらい日々となるでしょう。そのような覚悟は、あらかじめしておくことが大切です。
デメリットと思っていたことをメリットに変えてしまうことも、可能です。初めての共同生活に不安があっても、合宿が終わる頃には仲間との別れがつらくなる人のほうが多数といえます。そのような人達が、必ずしもコミュニケーションに長けた人とは限りません。むしろ、最初は共同生活に抵抗があったにもかかわらず、徐々に仲間がいることが欠かせなくなっている人のほうが多いのです。合宿免許という共通の目標があるからこそ、絆も生まれやすいのでしょう。

Pocket

料金は安い

合宿免許について合宿免許のもう1つのメリットが、通所スタイルで教習所に通うよりリーズナブルに免許を取得できるということです。これも、無駄なく教習を進めることができるからという理由に関係しています。最近では、20万円を切る合宿免許もあり、この料金に宿泊費用も含まれているのですから驚きのローコストです。宿泊施設は選ぶことができるプランが多く、食事もありなしを選べることがほとんど。もともと食事にお金をかけない主義の人など、教習所や宿泊施設の近くのコンビニでも済ませられるように、コンビニが近くにある合宿免許を選んでいます。

教習料金については、効率よく進めるからこその低料金が設定されています。基本は一発合格で、何度もトライしなければ先に進めないという人の場合、追加料金が課されるようなシステムが用意されているのです。追加料金を発生させないように頑張ることができるのも、合宿免許のメリットでしょう。注意しておきたいのは、ハイシーズンには料金が高くなるということ。春や夏は、合宿免許もシーズン料金となって高めの設定です。4~7月、10~1月は比較的リーズナブルですから、より節約したい方はこの時期を狙ってみるのがおすすめです。

関連情報・・・合宿免許

Pocket

短期で免許取得

合宿免許の代表的なメリットの1つは、何といっても短期間で運転免許を取得できる点です。通常の通所で教習を受ける場合、数ヶ月間はかかってしまうのが当たり前です。人によっては、半年かかったということも珍しくありません。まとめて教習を受けることができるのが、合宿免許の特典です。通常なら予約が取れれば受けられる教習が、あらかじめ約2週間のスケジュールに組み込まれているのですから効率よく先に進めます。

例えば学生なら、春休みや夏休みなどの長期休暇中に合宿免許に行くことも可能です。社会人でも、有給休暇を駆使すれば不可能ではないでしょう。短期間で習ったことを身につけなければならないのは、確かに大変です。ただし、間が空くとなまけてしまう、習ったことを忘れてしまうという人は合宿免許のようにスケジュールが詰まっていたほうが有利な可能性があります。合宿免許中は、ほぼみっちりな教習が詰め込まれているように思われがちですが、半日ほどは時間が空く日も少なくありません。つまり、予習や復習にあてる時間も十分に設けられているということです。1日中、教習づくしで復習の時間もないということはありませんから、安心して検討してみてください。

Pocket

合宿免許のよしあし

合宿免許に参加合宿免許には、メリットもデメリットもあります。代表的なメリットといえば、短期間で運転免許を取得できる点です。通常の通所スタイルで教習所に通うとなると、かなり早い人でも1ヶ月、時間がかかる人では半年ほども期間を要することがあります。個人差があるとはいえ、これにはいくつかの理由が関係しているのです。まず、通所では自分の希望通りに予約が取れないときがあるのが、合宿免許ではあらかじめスケジュールが組まれていて予約を取る必要がありません。合宿期間中は嫌でも教習を受けなければなりませんから、なまけている暇がないのも有利なのです。

合宿免許のもう1つのメリットが、通所よりリーズナブルという点です。効率よく教習がスケジューリングされている合宿免許では、一発合格で無駄なく進むのが特徴です。ただし、成績が悪い人は追加料金が課されることもあります。通所のように毎回の交通費がかかる心配がないうえに、現地までの交通費がプレゼントされるプランも少なくありません。

最近の合宿免許には、宿泊施設が充実しているプランが目立ちます。個室に宿泊しての合宿免許も可能ですから、その場合は厳密には合宿ではないかもしれません。追加料金も加算されますから、より割安に済ませたいと思えば相部屋の合宿に参加するのが一番です。そうはいっても、共同生活に抵抗がある人もいます。実は、そのような人ほど、実際に参加してみると仲間との別れがつらくなることが多いことも知っておきましょう。

Pocket